田畑智子と岡田義徳 4年前のフライデー後も半ば“公然の仲”

公開日:  更新日:

「マッチと明菜を思い出した」と、ベテランの芸能記者は言った。女優の田畑智子(34)の自殺未遂騒動のこと。5日午前7時半ごろ、田畑と交際中の俳優の岡田義徳(38)が仕事先の地方から東京都世田谷区にある自宅マンションに帰宅したところ、ケガをした田畑を見つけた。そして田畑は救急車で病院に搬送されたというのだ。

「カボチャを切っていた際に手が滑って包丁で左手首を切った」と田畑の所属事務所は説明、救急車も田畑が呼んだとしているが、芸能マスコミからはこんな声があがる。

「『自殺未遂』と第一報を伝えた5日夜のフジテレビ『みんなのニュース』は、自宅で睡眠薬を飲み、手首を切ったという内容の通報があり、警視庁の警察官が駆け付けたと報じています。睡眠薬を飲んで手首を切ったというのと、カボチャを切っていた際に手が滑ったというのでは大きく食い違う。本人は出てこないし真相はヤブの中のまま、警察も事務所も騒動を収めようとしているのは、逆に大変なことがあったと想像させますよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る