田畑智子と岡田義徳 4年前のフライデー後も半ば“公然の仲”

公開日:  更新日:

「マッチと明菜を思い出した」と、ベテランの芸能記者は言った。女優の田畑智子(34)の自殺未遂騒動のこと。5日午前7時半ごろ、田畑と交際中の俳優の岡田義徳(38)が仕事先の地方から東京都世田谷区にある自宅マンションに帰宅したところ、ケガをした田畑を見つけた。そして田畑は救急車で病院に搬送されたというのだ。

「カボチャを切っていた際に手が滑って包丁で左手首を切った」と田畑の所属事務所は説明、救急車も田畑が呼んだとしているが、芸能マスコミからはこんな声があがる。

「『自殺未遂』と第一報を伝えた5日夜のフジテレビ『みんなのニュース』は、自宅で睡眠薬を飲み、手首を切ったという内容の通報があり、警視庁の警察官が駆け付けたと報じています。睡眠薬を飲んで手首を切ったというのと、カボチャを切っていた際に手が滑ったというのでは大きく食い違う。本人は出てこないし真相はヤブの中のまま、警察も事務所も騒動を収めようとしているのは、逆に大変なことがあったと想像させますよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る