話題の新曲も売れず 中森明菜はこのまま“再起不能”なのか

公開日: 更新日:

 中森明菜(50)のニューシングル「unfixable」が9月30日に発売された。同曲は今年1月に発売された5年半ぶりのオリジナル曲「Rojo~Tierra~」に続く、2015年第2弾シングル。デジタルシングルも含め通算50枚目という節目で、体調不良で活動を休止していた明菜の苦悩の日々を歌った渾身の作品。28年ぶりの全編英語詞である。

 さらには、タイトルの日本語訳が「再生不能」であることから、発売前には話題になっていたのだが……。

「ほとんど宣伝プロモーションができなかったことが響いたのか、売り上げは1万枚にも届かなかった。ニューシングルと同日に発売された、明菜がNHK番組に出演した映像を集めたDVDボックス『中森明菜 プレミアムBOX ルーカス~NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤングetc.』は2万1600円の高額商品にもかかわらず、10月12日付のオリコン週間DVD音楽ランキング7位と好調な売り上げ。ファンは『動いている明菜』を見たくて見たくて仕方がない」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る