話題の新曲も売れず 中森明菜はこのまま“再起不能”なのか

公開日:  更新日:

 中森明菜(50)のニューシングル「unfixable」が9月30日に発売された。同曲は今年1月に発売された5年半ぶりのオリジナル曲「Rojo~Tierra~」に続く、2015年第2弾シングル。デジタルシングルも含め通算50枚目という節目で、体調不良で活動を休止していた明菜の苦悩の日々を歌った渾身の作品。28年ぶりの全編英語詞である。

 さらには、タイトルの日本語訳が「再生不能」であることから、発売前には話題になっていたのだが……。

「ほとんど宣伝プロモーションができなかったことが響いたのか、売り上げは1万枚にも届かなかった。ニューシングルと同日に発売された、明菜がNHK番組に出演した映像を集めたDVDボックス『中森明菜 プレミアムBOX ルーカス~NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤングetc.』は2万1600円の高額商品にもかかわらず、10月12日付のオリコン週間DVD音楽ランキング7位と好調な売り上げ。ファンは『動いている明菜』を見たくて見たくて仕方がない」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る