女優・鳥居みゆき新境地語る 普通の母親役は「自分への試練」

公開日:  更新日:

 白装束にクマのぬいぐるみを持つ姿で「ヒットエンドラーン!」と絶叫し、お茶の間に強烈な印象を残した鳥居みゆき(34)。ピン芸人でありながら、映画やテレビでは女優となり、小説家としての顔も持つ。3年前に自身が旗揚げした「東京ギロティン倶楽部」の第1回公演では原作・主演女優としても活躍。18日から始まる第2回公演「幸福論」(新宿村LIVE)でも主演を務める鳥居に話を聞いた――。

 第1回公演は私が書いたんですけど、今回は人に委ねてみようと。客観的な視点も必要だなと思って。オーディションは私も見たんですけど「とにかく有名になりたい」って言ってくる人は落としました。「何でもやりたいんです」と言う人は何もやりたいことがない人だから、他でやってくれる? と。結構ドライなんです。

 今回、初の「普通のお母さん」役。今までやったのは、死んでしばらく放置された母親とか、遺影で登場とか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る