演技力に高評価 ハリセンボン近藤春菜に“第2のピン子”の声

公開日:  更新日:

 春ドラマは軒並み低調で、見るべきものは少ないが、そんな中で女優として株を上げたタレントがいる。ハリセンボンの近藤春菜(32)だ。

 近藤が出演したのは堺雅人主演の「Dr倫太郎」(日本テレビ系)で、第1話のゲスト。職場でイジメられ、精神的に病んでビルの屋上から飛び降りるOLの役。お笑いで見せる顔とは正反対の根暗な女を好演して話題になった。その反響は大きく、自身のブログでも「何かを変えるのは今かもしれない」と意味深なコメントをした。

 近藤が女優として最初に注目を集めたのは高視聴率を記録した吉高由里子主演のNHK朝ドラ「花子とアン」。近藤は吉高につらくあたる先輩の役で登場して、「倫太郎」とは逆にイジメる女を好演した。

 テレビ関係者の話。

「ドラマ制作の現場からは“近藤はうまいね”という、演技力を評価する声ばかり。近藤は見かけやギャグと実際は逆で、性格がいいので、共演者に好かれる。吉高とは飲み仲間になり、堺も好意的だったとか。堺は来年の大河ドラマ『真田丸』で主役を張りますが、近藤にもオファーがあって朝ドラに続く大河デビューの可能性大。他にもドラマ出演や映画出演の話が舞い込んでいるようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る