二日酔い未経験 作曲家の鶴岡雅義さんが語る“飲み方の流儀”

公開日:  更新日:

 今年でデビュー50周年を迎えた鶴岡雅義(82)と東京ロマンチカ。グループのリーダーであり、ヒット曲「小樽のひとよ」「君は心の妻だから」などの作曲家でもある鶴岡雅義さんは「二日酔い未経験」という酒豪でもあった。

 お酒は好きですね。昔は随分、飲みました。仕事終わりは必ず飲み会になりますから、ほぼ毎日です。しかも、2次会、3次会と続くんだけど、最後まで残って飲んでました。途中で帰るのが嫌なんですよ。

 今一番のいい酒は“グループ同士の酒”。先輩のマヒナスターズ、ロス・プリモス、ロス・インディオスと私たちの東京ロマンチカ。この4グループで10年前からジョイントコンサートをしているんですが、打ち上げの飲み会が楽しいんですよ。昔はライバル意識をむき出しにしていたのに、この年になったらこんなに仲良く、楽しくできるものなのかってくらい、うれしい酒なんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る