• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日舞最大流派でお家騒動 「花柳流」骨肉後継争いの行く末

 真の4代目家元は誰なのか――。日本舞踊の最大流派「花柳流」で勃発しているお家騒動もいよいよ大詰めとなり、15日に東京地裁で開かれた法廷では証人尋問が行われた。一連の騒動が明るみになって以降、ワイドショーは大盛り上がりだが、一体、今はどういう状況なのか。

 コトの発端は8年前、4代目の最有力候補だった花柳貴彦氏(38)がパージされたことだった。貴彦氏は3代目壽輔(本名・若葉)の後見人である2代目壽楽の孫にあたり、実子のいない3代目から4代目襲名の打診を受けていた。ところが07年に2代目壽楽と3代目壽輔が立て続けに亡くなると、もうひとりの後見人だった花柳寛氏(84)が自分こそ4代目だと関係者やマスコミに宣言。

■コトの発端は3代目の“不用意”

 それに続き、一昨年7月には寛氏の孫の創右氏(23)の5代目就任を発表。翌4月には貴彦氏とその一派の名取に「除名通知」を送付したのだ。その仕打ちに納得がいかない貴彦氏が東京地裁に提訴したという構図で、同7月の第1回口頭弁論に始まり、現在に至っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る