フジ「ワンピース」の雪辱なるか 大晦日“特番バトル”の行方

公開日:  更新日:

 注目は日本テレビの連覇、はたまた最下位フジテレビの汚名返上か――。大晦日の夜、NHK紅白の「ウラ」で繰り広げられる民放各局の視聴率争いのことである。

 日テレがオンエアするのは、昨年まで5年連続で民放トップの「笑ってはいけない」シリーズ。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の10年連続となる特番で、今年はダウンタウン「名探偵24時!」のタイトルで探偵事務所を舞台にコントなどを繰り広げ、笑うとお仕置きが待つという趣向だ。

「『紅白』前半の平均35.1%、後半42.2%に及ばないものの、『笑ってはいけない』は第1部が18.7%、第2部が16.0%をマーク。テレ東『年忘れにっぽんの歌』は6%に届かず、テレ朝『くりぃむVS林修!年越しクイズサバイバー』、TBSのボクシングも振るわずだったので、日テレは今年も同じ流れで勝負なのでしょう」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る