• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジ「ワンピース」の雪辱なるか 大晦日“特番バトル”の行方

 注目は日本テレビの連覇、はたまた最下位フジテレビの汚名返上か――。大晦日の夜、NHK紅白の「ウラ」で繰り広げられる民放各局の視聴率争いのことである。

 日テレがオンエアするのは、昨年まで5年連続で民放トップの「笑ってはいけない」シリーズ。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の10年連続となる特番で、今年はダウンタウン「名探偵24時!」のタイトルで探偵事務所を舞台にコントなどを繰り広げ、笑うとお仕置きが待つという趣向だ。

「『紅白』前半の平均35.1%、後半42.2%に及ばないものの、『笑ってはいけない』は第1部が18.7%、第2部が16.0%をマーク。テレ東『年忘れにっぽんの歌』は6%に届かず、テレ朝『くりぃむVS林修!年越しクイズサバイバー』、TBSのボクシングも振るわずだったので、日テレは今年も同じ流れで勝負なのでしょう」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る