フジ「ワンピース」の雪辱なるか 大晦日“特番バトル”の行方

公開日: 更新日:

 注目は日本テレビの連覇、はたまた最下位フジテレビの汚名返上か――。大晦日の夜、NHK紅白の「ウラ」で繰り広げられる民放各局の視聴率争いのことである。

 日テレがオンエアするのは、昨年まで5年連続で民放トップの「笑ってはいけない」シリーズ。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の10年連続となる特番で、今年はダウンタウン「名探偵24時!」のタイトルで探偵事務所を舞台にコントなどを繰り広げ、笑うとお仕置きが待つという趣向だ。

「『紅白』前半の平均35.1%、後半42.2%に及ばないものの、『笑ってはいけない』は第1部が18.7%、第2部が16.0%をマーク。テレ東『年忘れにっぽんの歌』は6%に届かず、テレ朝『くりぃむVS林修!年越しクイズサバイバー』、TBSのボクシングも振るわずだったので、日テレは今年も同じ流れで勝負なのでしょう」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る