「電気グルーヴ」卓球が大暴走 ワインで“ほろ酔い”舞台挨拶

公開日: 更新日:

 下ネタ&放送NG用語を連発、“電気”らしいブッ飛んだ初日舞台挨拶だった。

 結成25周年を迎えた音楽ユニット「電気グルーヴ」の初の伝記映画「DENKI GROOVE THE MOVIE?―石野卓球ピエール瀧―」が26日封切りとなり、大根仁監督と、2人の主人公――石野卓球(48)とピエール瀧(48)が登壇したのだが……。

 蓋を開けてみれば、赤ワイン片手にほろ酔い状態で「いえ~い、めっちゃホリデー!」とノリノリで姿を見せた石野による大暴走のはじまり、はじまり~。

「25年前のトンでもねえテメエの姿とか映ってるわけですよ。恥ずかしくて見られないよ」と自虐交じりで話したかと思ったら、俳優としても活躍する相方のピエールをチラ見しながら「テレビとかに出てるのってダサくね?」。

 報道陣には「流せるものなら流してみろ~」「おちんちんやおまんこの単語が飛び出したとか書いてくださいよ」とむちゃぶり、撮影でサノケンポーズを披露したのち、20分間に及んだ独演会は無事(?)に終了したのだった。

 何はともあれ、根強いファンの多さで知られる電気グルーヴの25年の歴史が詰まった一本だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る