「電気グルーヴ」卓球が大暴走 ワインで“ほろ酔い”舞台挨拶

公開日: 更新日:

 下ネタ&放送NG用語を連発、“電気”らしいブッ飛んだ初日舞台挨拶だった。

 結成25周年を迎えた音楽ユニット「電気グルーヴ」の初の伝記映画「DENKI GROOVE THE MOVIE?―石野卓球ピエール瀧―」が26日封切りとなり、大根仁監督と、2人の主人公――石野卓球(48)とピエール瀧(48)が登壇したのだが……。

 蓋を開けてみれば、赤ワイン片手にほろ酔い状態で「いえ~い、めっちゃホリデー!」とノリノリで姿を見せた石野による大暴走のはじまり、はじまり~。

「25年前のトンでもねえテメエの姿とか映ってるわけですよ。恥ずかしくて見られないよ」と自虐交じりで話したかと思ったら、俳優としても活躍する相方のピエールをチラ見しながら「テレビとかに出てるのってダサくね?」。

 報道陣には「流せるものなら流してみろ~」「おちんちんやおまんこの単語が飛び出したとか書いてくださいよ」とむちゃぶり、撮影でサノケンポーズを披露したのち、20分間に及んだ独演会は無事(?)に終了したのだった。

 何はともあれ、根強いファンの多さで知られる電気グルーヴの25年の歴史が詰まった一本だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る