就寝は明け方…“中年の星”ピエール瀧を支える「自分の時間」

公開日:  更新日:

「本業は無職」などと語るピエール瀧(48)の人生観、生活術が話題だ。ピエールといえば、テクノバンド「電気グルーヴ」での活動のほか、俳優としてNHKの朝ドラ「あまちゃん」あたりからお茶の間に知られ、日本アカデミー賞優秀助演男優賞(映画「凶悪」)にも輝く演技力から、今やドラマに映画に引っ張りだこの売れっ子。その原動力は私生活の過ごし方にあるようだ。スポーツ紙の芸能記者がこう言う。

「中高年になると、家に帰っても子供の教育や老いた親の面倒などで大変になり、なかなか自分だけの時間というのがないもの。ピエールも家族持ちですが、家族との食事やだんらんを終えた夜、自分の部屋に入って、ひとり自由に羽を伸ばす『自分の時間』をつくっているんです。先週金曜日の『たけしのニッポンのミカタ』(テレビ東京系)でも語っていましたが、書き物をしたり、面白いことを考えてニタニタ笑っていたりするそうで、床に就くのは明け方。睡眠時間が2~3時間になろうと、自分の時間を削る気はないようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る