略奪婚で決着か LINE再流出ベッキー&川谷“禁断愛”の行方

公開日:  更新日:

 ロマンスはまだまだありあまっている。

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(27)との不倫報道に揺れるベッキー(31)。2人の禁断愛を報じた「週刊文春」は追撃の手を緩めず、今週号では6日にベッキーが開いた謝罪会見前後に交わした「LINE」のやりとりや離婚届の書き方を載せたサイトを教えていたことなどが明かされた。

 今回、何といっても衝撃的だったのが「センテンス スプリング」という言葉。会見前日、ベッキーが「友達で押し通す予定!笑」と送ると、川谷は「逆に堂々とできるキッカケになるかも」「ありがとう文春!」と返すと、ベッキーが「オフィシャルになるだけ! ありがとう文春!」と送り、川谷に「センテンス スプリング!」というメッセージを送った。

「センテンス スプリング」=「文春」だ。ネット上で急上昇ワードとなり、「ロンドンブーツ1号2号」田村淳はツイッターで「センテンススプリングをAmazonで購入しようと検索したら…これが出てきた。」とつぶやくなど大流行。さらに、ベッキーは会見後、川谷に「楽しい春と夏になるよ」と送信。川谷も「遠恋だと思って過ごす」と返信したというから激ヤセ報道もどこへやら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る