略奪婚で決着か LINE再流出ベッキー&川谷“禁断愛”の行方

公開日:  更新日:

 ロマンスはまだまだありあまっている。

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(27)との不倫報道に揺れるベッキー(31)。2人の禁断愛を報じた「週刊文春」は追撃の手を緩めず、今週号では6日にベッキーが開いた謝罪会見前後に交わした「LINE」のやりとりや離婚届の書き方を載せたサイトを教えていたことなどが明かされた。

 今回、何といっても衝撃的だったのが「センテンス スプリング」という言葉。会見前日、ベッキーが「友達で押し通す予定!笑」と送ると、川谷は「逆に堂々とできるキッカケになるかも」「ありがとう文春!」と返すと、ベッキーが「オフィシャルになるだけ! ありがとう文春!」と送り、川谷に「センテンス スプリング!」というメッセージを送った。

「センテンス スプリング」=「文春」だ。ネット上で急上昇ワードとなり、「ロンドンブーツ1号2号」田村淳はツイッターで「センテンススプリングをAmazonで購入しようと検索したら…これが出てきた。」とつぶやくなど大流行。さらに、ベッキーは会見後、川谷に「楽しい春と夏になるよ」と送信。川谷も「遠恋だと思って過ごす」と返信したというから激ヤセ報道もどこへやら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る