略奪婚で決着か LINE再流出ベッキー&川谷“禁断愛”の行方

公開日: 更新日:

 ロマンスはまだまだありあまっている。

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(27)との不倫報道に揺れるベッキー(31)。2人の禁断愛を報じた「週刊文春」は追撃の手を緩めず、今週号では6日にベッキーが開いた謝罪会見前後に交わした「LINE」のやりとりや離婚届の書き方を載せたサイトを教えていたことなどが明かされた。

 今回、何といっても衝撃的だったのが「センテンス スプリング」という言葉。会見前日、ベッキーが「友達で押し通す予定!笑」と送ると、川谷は「逆に堂々とできるキッカケになるかも」「ありがとう文春!」と返すと、ベッキーが「オフィシャルになるだけ! ありがとう文春!」と送り、川谷に「センテンス スプリング!」というメッセージを送った。

「センテンス スプリング」=「文春」だ。ネット上で急上昇ワードとなり、「ロンドンブーツ1号2号」田村淳はツイッターで「センテンススプリングをAmazonで購入しようと検索したら…これが出てきた。」とつぶやくなど大流行。さらに、ベッキーは会見後、川谷に「楽しい春と夏になるよ」と送信。川谷も「遠恋だと思って過ごす」と返信したというから激ヤセ報道もどこへやら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る