謝罪会見で不倫否定 ベッキーは素直に認めるべきだった?

公開日: 更新日:

【連載コラム「芸能界クロスロード」】

 スキャンダルに対応する会見ほど難しいものはない。芸能人はあらかじめ想定問答を準備しても、マスコミも想定外の質問を用意して臨む。想定外を回避するようにベッキーは「質問なし」という異例の会見を行った。

「週刊文春」が報じた「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫報道。ベッキーは「友人であることは間違いありません」と不倫を否定。後は謝罪を繰り返すだけだった。FAXなどでの対応が多い昨今、会見は評価できるが、会見内容が伴って初めて本当の評価になる。

 CMのクライアントなどに対しての弁明というのが大方の見方だが、記事を見れば、「友人」という主張にはかなり無理がある。質問を受ければ、ホテルでの密会写真やLINEのやりとりを追及されるのは必定。返答に困り、ベッキーがしどろもどろになる姿が容易に想像できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る