日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

謝罪会見で不倫否定 ベッキーは素直に認めるべきだった?

【連載コラム「芸能界クロスロード」】

 スキャンダルに対応する会見ほど難しいものはない。芸能人はあらかじめ想定問答を準備しても、マスコミも想定外の質問を用意して臨む。想定外を回避するようにベッキーは「質問なし」という異例の会見を行った。

「週刊文春」が報じた「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫報道。ベッキーは「友人であることは間違いありません」と不倫を否定。後は謝罪を繰り返すだけだった。FAXなどでの対応が多い昨今、会見は評価できるが、会見内容が伴って初めて本当の評価になる。

 CMのクライアントなどに対しての弁明というのが大方の見方だが、記事を見れば、「友人」という主張にはかなり無理がある。質問を受ければ、ホテルでの密会写真やLINEのやりとりを追及されるのは必定。返答に困り、ベッキーがしどろもどろになる姿が容易に想像できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事