ベッキーついに休業へ 甘利大臣辞任に続き“ゲスの呪い”か

公開日: 更新日:

「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(27)との不倫騒動でズタボロのベッキー(31)が芸能活動を一時、休業することが明らかになった。

 29日の一部スポーツ紙によると、すでに所属事務所サンミュージックの関係者がベッキーが出演しているテレビ各局に休業を申し入れているそうで、CM放送打ち切りに続き、テレビ画面からもベッキーが消えることになった。

 不倫は身から出たサビとはいえ、第一報を報じた週刊文春の続報は今週も続き、「食事も睡眠もままならず、心身ともに弱りきっている。精神的にツラい状況にもかかわらず、つくり笑顔で仕事をさせたら更にボロボロになる。事務所には岡田有希子という苦い記憶もあるだけに、休業措置を講じたのでしょう」(マスコミ関係者)。

 会話アプリ「LINE」の投稿内容の流出により、「卒論」「センテンススプリング」「ありがとう文春」といった“迷言”の数々が火に油を注ぐ結果となったベッキー。

 くしくも、「ゲス極」の楽曲「私以外私じゃないの」をマイナンバーカード制度に引っ掛けて歌った甘利大臣も28日に辞任を表明。“ゲスの呪い”が解けるまでは布団をかぶってやり過ごすしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る