日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベッキーCM打ち切り違約金 「ゲス川谷も負担しろ」の声

 太田胃散、花王にスズキ、ローソンと、雪崩を打って見切っていく。不倫スキャンダルによって、かつての「CM女王」ベッキー(31)は10社との契約がすべて解除、全滅の危機に立たされている。

「契約打ち切りによる収入減のみならず、スポンサーへの違約金などで、サンミュージックは3億~4億円もの赤字になる可能性があります」とは、テレビ関係者。サンミュージックは稼ぎ頭を失ったうえ、経営も大打撃を被ることになりそうだ。

「決定打となったのが、21日発売の『週刊文春』がスクープしたベッキーと不倫相手の男とのやりとり。不倫発覚後、ベッキーが離婚届の書き方を載せたサイトを男に送り、さらに会見で不倫を否定した前日、あろうことか『逆に堂々とできるキッカケになるかも』との男の呼びかけに『私はそう思ってるよ!』『ありがとう文春!』などと応じるLINEの文言が報じられたんです。これが追い打ちとなり、それまでベッキーを擁護していた向きまで見放し始めた。信じていた反動もあって、『性悪』『マジメで純粋なイメージは嘘だったのか』と新たなバッシングとなっている。あまりのブラックなイメージに、悪影響を恐れて、バラエティーでのベッキーとの共演をNGとするタレントも出ていますよ」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事