ベッキーCM打ち切り違約金 「ゲス川谷も負担しろ」の声

公開日: 更新日:

 太田胃散、花王にスズキ、ローソンと、雪崩を打って見切っていく。不倫スキャンダルによって、かつての「CM女王」ベッキー(31)は10社との契約がすべて解除、全滅の危機に立たされている。

「契約打ち切りによる収入減のみならず、スポンサーへの違約金などで、サンミュージックは3億~4億円もの赤字になる可能性があります」とは、テレビ関係者。サンミュージックは稼ぎ頭を失ったうえ、経営も大打撃を被ることになりそうだ。

「決定打となったのが、21日発売の『週刊文春』がスクープしたベッキーと不倫相手の男とのやりとり。不倫発覚後、ベッキーが離婚届の書き方を載せたサイトを男に送り、さらに会見で不倫を否定した前日、あろうことか『逆に堂々とできるキッカケになるかも』との男の呼びかけに『私はそう思ってるよ!』『ありがとう文春!』などと応じるLINEの文言が報じられたんです。これが追い打ちとなり、それまでベッキーを擁護していた向きまで見放し始めた。信じていた反動もあって、『性悪』『マジメで純粋なイメージは嘘だったのか』と新たなバッシングとなっている。あまりのブラックなイメージに、悪影響を恐れて、バラエティーでのベッキーとの共演をNGとするタレントも出ていますよ」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る