ベッキーCM打ち切り違約金 「ゲス川谷も負担しろ」の声

公開日: 更新日:

 太田胃散、花王にスズキ、ローソンと、雪崩を打って見切っていく。不倫スキャンダルによって、かつての「CM女王」ベッキー(31)は10社との契約がすべて解除、全滅の危機に立たされている。

「契約打ち切りによる収入減のみならず、スポンサーへの違約金などで、サンミュージックは3億~4億円もの赤字になる可能性があります」とは、テレビ関係者。サンミュージックは稼ぎ頭を失ったうえ、経営も大打撃を被ることになりそうだ。

「決定打となったのが、21日発売の『週刊文春』がスクープしたベッキーと不倫相手の男とのやりとり。不倫発覚後、ベッキーが離婚届の書き方を載せたサイトを男に送り、さらに会見で不倫を否定した前日、あろうことか『逆に堂々とできるキッカケになるかも』との男の呼びかけに『私はそう思ってるよ!』『ありがとう文春!』などと応じるLINEの文言が報じられたんです。これが追い打ちとなり、それまでベッキーを擁護していた向きまで見放し始めた。信じていた反動もあって、『性悪』『マジメで純粋なイメージは嘘だったのか』と新たなバッシングとなっている。あまりのブラックなイメージに、悪影響を恐れて、バラエティーでのベッキーとの共演をNGとするタレントも出ていますよ」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  4. 4

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  5. 5

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  6. 6

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  7. 7

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  8. 8

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  9. 9

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  10. 10

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る