ベッキーCM打ち切り違約金 「ゲス川谷も負担しろ」の声

公開日:  更新日:

 太田胃散、花王にスズキ、ローソンと、雪崩を打って見切っていく。不倫スキャンダルによって、かつての「CM女王」ベッキー(31)は10社との契約がすべて解除、全滅の危機に立たされている。

「契約打ち切りによる収入減のみならず、スポンサーへの違約金などで、サンミュージックは3億~4億円もの赤字になる可能性があります」とは、テレビ関係者。サンミュージックは稼ぎ頭を失ったうえ、経営も大打撃を被ることになりそうだ。

「決定打となったのが、21日発売の『週刊文春』がスクープしたベッキーと不倫相手の男とのやりとり。不倫発覚後、ベッキーが離婚届の書き方を載せたサイトを男に送り、さらに会見で不倫を否定した前日、あろうことか『逆に堂々とできるキッカケになるかも』との男の呼びかけに『私はそう思ってるよ!』『ありがとう文春!』などと応じるLINEの文言が報じられたんです。これが追い打ちとなり、それまでベッキーを擁護していた向きまで見放し始めた。信じていた反動もあって、『性悪』『マジメで純粋なイメージは嘘だったのか』と新たなバッシングとなっている。あまりのブラックなイメージに、悪影響を恐れて、バラエティーでのベッキーとの共演をNGとするタレントも出ていますよ」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る