劣化の声もなんの AKB“ヴィジュアル担当”小嶋陽菜の稼ぎ方

公開日:  更新日:

 いま、国民的アイドルグループのあるメンバーの劣化ぶりを指摘する声がかまびすしい。AKB48メンバーで「こじはる」の愛称で知られる小嶋陽菜(27)のことだ。

 米映画「テッド2」(28日公開)の主人公である中年テディベア(ぬいぐるみ)のファンを公言する彼女は、最新作の公開に先駆けて「テッドもふもふファンクラブ」代表に就任。PR要員として、つい先日、テッドを抱きながらウエディング姿を披露したのだが、その姿が痛々しいと散々な言われようなのだ。それに端を発し、一部のネット媒体から肌の曲がり角を迎えた上、手入れもなっていない“賞味期限切れアイドル”と揶揄される事態になっている。

 しかし、4日に行われた同映画の日本語吹き替え版完成公開アフレコイベントに登場したこじはるの肌の質感は、ぷるんぷるん。平子理沙や叶美香ばりにきっちりとメンテナンスを施した様子であった。おまけにナマ脚のミニスカ衣装で登場し、テッドの吹き替え担当の有吉弘行(41)からも「いつもはもっとむくんでいるけど、今日に合わせてちゃんと調整してきた」と称えられていた。さすが、AKBの中でも古参のビジュアル担当。自分を美しく見せたいというプロ根性ゆえ、10代の後輩メンバーがゾクゾクと出てくる中でも水着や下着姿もいとわず、グラビアの仕事もバンバンこなしているのかと思いきや――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る