劣化の声もなんの AKB“ヴィジュアル担当”小嶋陽菜の稼ぎ方

公開日:  更新日:

 いま、国民的アイドルグループのあるメンバーの劣化ぶりを指摘する声がかまびすしい。AKB48メンバーで「こじはる」の愛称で知られる小嶋陽菜(27)のことだ。

 米映画「テッド2」(28日公開)の主人公である中年テディベア(ぬいぐるみ)のファンを公言する彼女は、最新作の公開に先駆けて「テッドもふもふファンクラブ」代表に就任。PR要員として、つい先日、テッドを抱きながらウエディング姿を披露したのだが、その姿が痛々しいと散々な言われようなのだ。それに端を発し、一部のネット媒体から肌の曲がり角を迎えた上、手入れもなっていない“賞味期限切れアイドル”と揶揄される事態になっている。

 しかし、4日に行われた同映画の日本語吹き替え版完成公開アフレコイベントに登場したこじはるの肌の質感は、ぷるんぷるん。平子理沙や叶美香ばりにきっちりとメンテナンスを施した様子であった。おまけにナマ脚のミニスカ衣装で登場し、テッドの吹き替え担当の有吉弘行(41)からも「いつもはもっとむくんでいるけど、今日に合わせてちゃんと調整してきた」と称えられていた。さすが、AKBの中でも古参のビジュアル担当。自分を美しく見せたいというプロ根性ゆえ、10代の後輩メンバーがゾクゾクと出てくる中でも水着や下着姿もいとわず、グラビアの仕事もバンバンこなしているのかと思いきや――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る