なぜタレントに? 元日テレ・上田まりえアナ転身の勝算

公開日:  更新日:

 1月末に日本テレビを退社した上田まりえアナウンサー(29)が今後は松竹芸能に所属し、「タレント」として活動することを発表。2月から活動を本格化させる。

 これまで局を辞めてフリーとなる場合、「セント・フォース」などのアナウンス事務所に所属するケースが多かったが、つい先日、4月いっぱいでフジテレビを辞めることを発表した加藤綾子(30)も所属先は篠原涼子らがいる芸能プロダクション。ま、“スーパー綾子”とまで呼ばれたカトパンは安泰だろうが、日テレ時代も際立った人気アナではなかった上田に勝算はあるのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「“タレント転身”の狙いはバッチリだと思います。ここ10年ぐらいでフリーになった女子アナで純粋にアナウンサーとして活躍しているのは元日テレの夏目三久ぐらい。バラエティーに引っ張りダコの高橋真麻や、つい先日『下町ロケット』に出演した高島彩などは完全に“タレント”さんです。今の潮流をしっかり捉えているんじゃないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る