なぜタレントに? 元日テレ・上田まりえアナ転身の勝算

公開日: 更新日:

 1月末に日本テレビを退社した上田まりえアナウンサー(29)が今後は松竹芸能に所属し、「タレント」として活動することを発表。2月から活動を本格化させる。

 これまで局を辞めてフリーとなる場合、「セント・フォース」などのアナウンス事務所に所属するケースが多かったが、つい先日、4月いっぱいでフジテレビを辞めることを発表した加藤綾子(30)も所属先は篠原涼子らがいる芸能プロダクション。ま、“スーパー綾子”とまで呼ばれたカトパンは安泰だろうが、日テレ時代も際立った人気アナではなかった上田に勝算はあるのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「“タレント転身”の狙いはバッチリだと思います。ここ10年ぐらいでフリーになった女子アナで純粋にアナウンサーとして活躍しているのは元日テレの夏目三久ぐらい。バラエティーに引っ張りダコの高橋真麻や、つい先日『下町ロケット』に出演した高島彩などは完全に“タレント”さんです。今の潮流をしっかり捉えているんじゃないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る