かとうれいこを今も惹きつける野田義治会長の“グラビア愛”

公開日: 更新日:

■現場で煙たがられても平気だった

 初めて会ったのは私が短大2年の1988年。たまたま渋谷へ買い物に行った際に、会長の知人のカメラマンに写真を撮っていただき、それが会長の目に留まって面談したのが、芸能界入りのきっかけでした。

 最初はグラビアモデルからスタート。でも、すぐにスケジュールが埋まったわけではありません。そんな時、当時の事務所の看板タレントだった堀江しのぶさんが病死され、連日、会長がワイドショーのインタビューに応じているのを見ました。

 その憔悴した姿から堀江さんと二人三脚で頑張ってきたことや仕事への情熱を感じ、「じゃあ、堀江さんの代わりにはなれないかもしれないけど、私が会長を支えよう!」って思ったんです。それからですね。本格的にグラビアのお仕事をするようになったのは。

 その頃の会長は肩書は社長でしたが、どちらかといえば現場マネジャーのような存在。朝から晩までずっと一緒で、グラビア撮影の時も現場から片時も離れないんです。しかも、カメラマンの真横とか真後ろにいてアングルのチェックやポーズをアドバイスする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る