水森かおり 鳴かず飛ばずを救った父親の飲み友達との“縁”

公開日:  更新日:

 タイトルに地名を入れた曲が多いため「ご当地ソングの女王」とも呼ばれる。水森かおり(41)のデビューは95年。ヒット曲に恵まれず不遇の時代を過ごした。飛躍は02年にリリースした10曲目の「東尋坊」。翌年の「鳥取砂丘」でNHK紅白歌合戦に初出場し、その後は出す曲すべてが初登場でオリコン総合ランキングトップ10に入る快挙が続く。弦哲也氏(66)は、「東尋坊」以降すべてのシングルタイトル曲の作曲を担当する恩師だ。

「次の新曲が勝負。大きな結果が必要だな」

 レコード会社の徳間ジャパンの担当の方から、こう言われたのは12年前。02年が明けて間もなくのころでした。

 95年9月に「おしろい花」でデビューしたものの、思うような数字が出ないまま6年が過ぎ、すでに9曲リリース。一曲一曲、全力投球で向き合ってきたつもりでしたが、売れなければ、いずれ契約は切られてしまう厳しい世界です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る