水森かおり 鳴かず飛ばずを救った父親の飲み友達との“縁”

公開日: 更新日:

 タイトルに地名を入れた曲が多いため「ご当地ソングの女王」とも呼ばれる。水森かおり(41)のデビューは95年。ヒット曲に恵まれず不遇の時代を過ごした。飛躍は02年にリリースした10曲目の「東尋坊」。翌年の「鳥取砂丘」でNHK紅白歌合戦に初出場し、その後は出す曲すべてが初登場でオリコン総合ランキングトップ10に入る快挙が続く。弦哲也氏(66)は、「東尋坊」以降すべてのシングルタイトル曲の作曲を担当する恩師だ。

「次の新曲が勝負。大きな結果が必要だな」

 レコード会社の徳間ジャパンの担当の方から、こう言われたのは12年前。02年が明けて間もなくのころでした。

 95年9月に「おしろい花」でデビューしたものの、思うような数字が出ないまま6年が過ぎ、すでに9曲リリース。一曲一曲、全力投球で向き合ってきたつもりでしたが、売れなければ、いずれ契約は切られてしまう厳しい世界です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 2
    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

  3. 3
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4
    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

  5. 5
    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

もっと見る

  1. 6
    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

  2. 7
    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

  3. 8
    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

  4. 9
    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

  5. 10
    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり

    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり