水森かおり 鳴かず飛ばずを救った父親の飲み友達との“縁”

公開日: 更新日:

 タイトルに地名を入れた曲が多いため「ご当地ソングの女王」とも呼ばれる。水森かおり(41)のデビューは95年。ヒット曲に恵まれず不遇の時代を過ごした。飛躍は02年にリリースした10曲目の「東尋坊」。翌年の「鳥取砂丘」でNHK紅白歌合戦に初出場し、その後は出す曲すべてが初登場でオリコン総合ランキングトップ10に入る快挙が続く。弦哲也氏(66)は、「東尋坊」以降すべてのシングルタイトル曲の作曲を担当する恩師だ。

「次の新曲が勝負。大きな結果が必要だな」

 レコード会社の徳間ジャパンの担当の方から、こう言われたのは12年前。02年が明けて間もなくのころでした。

 95年9月に「おしろい花」でデビューしたものの、思うような数字が出ないまま6年が過ぎ、すでに9曲リリース。一曲一曲、全力投球で向き合ってきたつもりでしたが、売れなければ、いずれ契約は切られてしまう厳しい世界です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る