「新婚さん」に抗議電話も 桂文枝“不倫騒動”なぜお咎めなし

公開日: 更新日:

 巨乳演歌歌手・紫艶(38)との不倫騒動の渦中にある落語家の桂文枝(72)。「フライデー」が報じたツーショット写真や毎月20万円振り込まれていた“愛人手当”の通帳写真に続き、今度は全裸でソファに座る文枝の写真が“流出”。

 しかも、手元には文枝が司会を務めるバラエティー番組「新婚さんいらっしゃい!」(テレビ朝日系)のロゴが入ったクッションが。ソファの後ろには乱れたベッドも写っていたというから大変だ。

「新婚さん――」にとっては、夫婦円満がテーマだけにイメージダウンにつながりかねないが、番組を制作する大阪・朝日放送に問い合わせると、「番組はこれまでと変わらず続けていく予定。ニュースではいろいろ出ているみたいですが、特に影響はないかと思います」(広報担当)との回答。

 昼帯にもかかわらず下ネタが話題になることも多いため、抗議の電話は騒動以前からそれなりにあり、今回の騒動ではそこまで増えていないという。

「『文枝さん、かわいそう』という同情的な声がどんどん大きくなってきている。紫艶本人は今回の写真流出も『知らなかった』なんて言っていますが、親しい人には『師匠が“愛してるよ”と言ってくれたらこんなことはしなかった』とこぼしているというから厄介です。文枝の仕事にそこまでの影響はないでしょう。妻との離婚も今さらの話。大阪にある豪邸はすでに空き家状態で、誰も住んでいない。夫婦がお互いバラバラに暮らしているので、わざわざ熟年離婚もしないはず」(芸能関係者)

 芸能スキャンダル史の一ページを飾るであろう前代未聞の不倫劇はどんな結末を迎えるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍