桂文枝 演歌歌手との20年不倫報道に妻「脇が甘いからや」

公開日:  更新日:

 先週発売の「フライデー」で巨乳演歌歌手、紫艶(38)との“20年不倫”が報じられた落語家の桂文枝(72)が21日、都内で報道陣に対応した。

 文枝は「このたびは多方面にご迷惑をおかけして申し訳ありません。嫁さんは44年間、私のために一生懸命やってくれてるのに裏切るようなことになって、『あんたは脇が甘いからや』と言われました」と神妙な面持ちで語った。

 フライデーでは2人の関係は紫艶が18歳の頃から20年にわたると報じられていたが、「10年か12年は会ってない」そうで、「(当時の)吉本興業の社長から演歌歌手が入ったから応援してやってくれといわれた。娘というか、そういう感じで応援していた」。また、同誌に掲載されたツーショット写真は「10人くらいで(海に遊びに)行った時のもの」と説明。不倫関係については否定も肯定もしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る