LINEも暴露…桂文枝“愛人騒動”ドロ沼化で気になる夫婦仲

公開日: 更新日:

 笑いに転化できないところがコトの深刻さを物語っている。

 巨乳演歌歌手、紫艶(38)との20年にわたる不倫関係が明るみになった桂文枝(72)。先週発売の写真誌「フライデー」(講談社)で紫艶が関係を告白し芸能マスコミは大騒ぎになっているが、当の文枝は21日、報道陣に「(妻には)『あんたは脇が甘いからや』と言われました」「10年か12年は会ってない」とコメント。娘のように可愛がっていたことは認めたが、あくまで昔の話として語った。

 ところが、今週の「フライデー」に紫艶が再び登場。今年2月にやりとりしたばかりの生々しいLINEの画面や、文枝が紫艶宛てに書いた「他の女性とはお付き合い致しません 遊びもなし 電話もなし」という直筆の誓約書、車の後部座席で唇を重ねている写真など“動かぬ証拠”がインタビューとともに掲載されており、これには文枝も“バンザイ”するしかなさそうだ。

「紫艶は交際していた男性と別れて頼る相手がおらず、過去に関係のあった文枝に最近になって連絡したといわれています。かなりメンタルが不安定で、自暴自棄になっているのを文枝が心配してLINEに返信したとか」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍