LINEも暴露…桂文枝“愛人騒動”ドロ沼化で気になる夫婦仲

公開日:  更新日:

 笑いに転化できないところがコトの深刻さを物語っている。

 巨乳演歌歌手、紫艶(38)との20年にわたる不倫関係が明るみになった桂文枝(72)。先週発売の写真誌「フライデー」(講談社)で紫艶が関係を告白し芸能マスコミは大騒ぎになっているが、当の文枝は21日、報道陣に「(妻には)『あんたは脇が甘いからや』と言われました」「10年か12年は会ってない」とコメント。娘のように可愛がっていたことは認めたが、あくまで昔の話として語った。

 ところが、今週の「フライデー」に紫艶が再び登場。今年2月にやりとりしたばかりの生々しいLINEの画面や、文枝が紫艶宛てに書いた「他の女性とはお付き合い致しません 遊びもなし 電話もなし」という直筆の誓約書、車の後部座席で唇を重ねている写真など“動かぬ証拠”がインタビューとともに掲載されており、これには文枝も“バンザイ”するしかなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る