“米倉&篠原”お休み中も…国仲&広末“W涼子”がさえないワケ

公開日: 更新日:

 ここ10年の連続ドラマで、“数字を持ってる女優”といえば米倉涼子と篠原涼子の“ダブル涼子”だが、忘れられそうな2人の涼子がただいま奮闘中だ。

 広末涼子(35)は連ドラ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)が初回7.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同)、今週の最終回が6.8%とコンスタント(?)に低視聴率。犯罪絡みの暗い展開はあまり注目されないままで終わったし、平成生まれの視聴者には「いまさら広末?」なんて声も。

 お粗末だったのは12日の2時間ドラマ「地方紙を買う女」(テレビ朝日系)。広末は作家(田村正和)を惑わす銀座のクラブのホステス芳子という古くさい役。

 黒いドレスから脚を出して頑張っていたが、店で田村とチークダンスしながら、「芳べえ(自分のことをそう呼ぶ)を抱いたら、わかるわよ……」とかささやいて迫っても、舌足らずの声で色気のないせりふ回し。丸顔が腫れぼったいから、米倉のような悪女の雰囲気がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  3. 3

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  6. 6

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  7. 7

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  8. 8

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  9. 9

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  10. 10

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

もっと見る