• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“米倉&篠原”お休み中も…国仲&広末“W涼子”がさえないワケ

 ここ10年の連続ドラマで、“数字を持ってる女優”といえば米倉涼子と篠原涼子の“ダブル涼子”だが、忘れられそうな2人の涼子がただいま奮闘中だ。

 広末涼子(35)は連ドラ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)が初回7.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同)、今週の最終回が6.8%とコンスタント(?)に低視聴率。犯罪絡みの暗い展開はあまり注目されないままで終わったし、平成生まれの視聴者には「いまさら広末?」なんて声も。

 お粗末だったのは12日の2時間ドラマ「地方紙を買う女」(テレビ朝日系)。広末は作家(田村正和)を惑わす銀座のクラブのホステス芳子という古くさい役。

 黒いドレスから脚を出して頑張っていたが、店で田村とチークダンスしながら、「芳べえ(自分のことをそう呼ぶ)を抱いたら、わかるわよ……」とかささやいて迫っても、舌足らずの声で色気のないせりふ回し。丸顔が腫れぼったいから、米倉のような悪女の雰囲気がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る