「ナオミとカナコ」も低調の広末涼子に“濡れ場解禁”説

公開日: 更新日:

 90年代にアイドルとして人気を博した実力派女優の広末涼子(35)と内田有紀(40)が初共演するとあって、局側もかなりPRに力を入れていた「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)。地下鉄表参道駅には肌もあらわな2人の巨大なポスターを何枚も貼り、朝の情報番組にも2人揃って顔を出すなど、番宣に多数出演。

 それなのにフタを開けてみれば初回視聴率7.9%(以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ=関東地区)、第2話7.7%と大コケしてしまった。第3話で8.7%とやや盛り返しているのは、共演の高畑淳子の中国人役のキャラが強烈すぎるとネットで話題になったおかげともいえる。昨年7月の第3子出産を機に、平均視聴率8.5%と惨敗した前作「スターマン」(13年)の汚名返上を目指し、並々ならぬ決意を語っていた広末だったが、結果が伴わない。

「広末としてはここで主演ドラマがこけたら、もう民放連ドラ主演はできないというくらいの意気込みでしたが、この数字では相当危ない。一方、フジテレビとしても制作費削減で、今春から経費のかかるドラマ枠を1つ減らす予定。残る3枠死守のためにも制作陣は相当気合を入れていたのですが、空回りしてしまった格好です」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る