• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ナオミとカナコ」も低調の広末涼子に“濡れ場解禁”説

 90年代にアイドルとして人気を博した実力派女優の広末涼子(35)と内田有紀(40)が初共演するとあって、局側もかなりPRに力を入れていた「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)。地下鉄表参道駅には肌もあらわな2人の巨大なポスターを何枚も貼り、朝の情報番組にも2人揃って顔を出すなど、番宣に多数出演。

 それなのにフタを開けてみれば初回視聴率7.9%(以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ=関東地区)、第2話7.7%と大コケしてしまった。第3話で8.7%とやや盛り返しているのは、共演の高畑淳子の中国人役のキャラが強烈すぎるとネットで話題になったおかげともいえる。昨年7月の第3子出産を機に、平均視聴率8.5%と惨敗した前作「スターマン」(13年)の汚名返上を目指し、並々ならぬ決意を語っていた広末だったが、結果が伴わない。

「広末としてはここで主演ドラマがこけたら、もう民放連ドラ主演はできないというくらいの意気込みでしたが、この数字では相当危ない。一方、フジテレビとしても制作費削減で、今春から経費のかかるドラマ枠を1つ減らす予定。残る3枠死守のためにも制作陣は相当気合を入れていたのですが、空回りしてしまった格好です」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る