「ナオミとカナコ」でDV夫役 “熱血漢”脱いだ佐藤隆太の評価

公開日:  更新日:

「嫌いになりそう」――。そんな評価は最高の褒め言葉かもしれない。

 4日、第4話が放送されたドラマ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)に出演中の佐藤隆太(35)を見た視聴者の反応だ。本作は、直美(広末涼子)が半年ぶりに大学時代の親友、加奈子(内田有紀)に再会。加奈子がエリート銀行員である夫の達郎(佐藤)から激しいDVを受けていることを知り、達郎の殺害計画を立てるというストーリー。視聴率こそ1桁続きで伸び悩んでいるが、日本に不法滞在中の中国人という1人2役を演じる佐藤の怪演に注目が集まっている。

 佐藤といえば、代表作「池袋ウエストゲートパーク」「海猿」シリーズなどで見せる明るいキャラや「ROOKIES」で演じた熱血教師など、“青春バカ”一直線な役柄が多かった。今回のDV夫のような狂気を感じさせる役は初めて。劇中では、妻役の内田を雨の中ベランダに一晩放置したり、髪の毛を掴んで顔に腐った梨を押し付けたりとやりたい放題。映画評論家の秋本鉄次氏はこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る