• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ナオミとカナコ」でDV夫役 “熱血漢”脱いだ佐藤隆太の評価

「嫌いになりそう」――。そんな評価は最高の褒め言葉かもしれない。

 4日、第4話が放送されたドラマ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)に出演中の佐藤隆太(35)を見た視聴者の反応だ。本作は、直美(広末涼子)が半年ぶりに大学時代の親友、加奈子(内田有紀)に再会。加奈子がエリート銀行員である夫の達郎(佐藤)から激しいDVを受けていることを知り、達郎の殺害計画を立てるというストーリー。視聴率こそ1桁続きで伸び悩んでいるが、日本に不法滞在中の中国人という1人2役を演じる佐藤の怪演に注目が集まっている。

 佐藤といえば、代表作「池袋ウエストゲートパーク」「海猿」シリーズなどで見せる明るいキャラや「ROOKIES」で演じた熱血教師など、“青春バカ”一直線な役柄が多かった。今回のDV夫のような狂気を感じさせる役は初めて。劇中では、妻役の内田を雨の中ベランダに一晩放置したり、髪の毛を掴んで顔に腐った梨を押し付けたりとやりたい放題。映画評論家の秋本鉄次氏はこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る