文枝、陣内、乙武ネタに 桂文珍が浴びせた“毒舌シャワー”

公開日:  更新日:

 5日、落語家の桂文珍(67)が「桂文珍的ココロ 神保町大阪文化祭!」開催発表会見に登場した。

 同公演に出演するお笑いコンビ「中川家」、「NON STYLE」石田明(36)も同席。文珍は「次代の吉本を担う『中川家』、そして『NON STYLE』の2組、そして私がいれば明日の吉本は大丈夫。もう先輩はダメになってしまいましたから、私の出番です」と語り、演歌歌手・紫艶(38)との不倫問題に揺れる桂文枝(72)をイジった。

 その後も文珍の舌鋒は鋭さを増し、出演者のひとりである陣内智則(42)を「今日は来ていないですが、昔の彼女(藤原紀香)が結婚して心の傷が癒えない陣内くんも出演します」と言ったり、なだぎ武(45)を「乙武……あ、違うか。なだぎ武くんとは、障害のある方の性について考えようと思います」と紹介。


 テレビ朝日の記者が質問すると「古舘(伊知郎)さんはどうして(『報道ステーション』を)やめたんですか?」と逆質問したり、「(作家の)百田(尚樹)くんを呼びたかったが、何言い出すか分からん。ギャラがそんなに出せないということで、ギャラが『永遠の0』ではいかんでしょ」と止まらなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る