文枝、陣内、乙武ネタに 桂文珍が浴びせた“毒舌シャワー”

公開日: 更新日:

 5日、落語家の桂文珍(67)が「桂文珍的ココロ 神保町大阪文化祭!」開催発表会見に登場した。

 同公演に出演するお笑いコンビ「中川家」、「NON STYLE」石田明(36)も同席。文珍は「次代の吉本を担う『中川家』、そして『NON STYLE』の2組、そして私がいれば明日の吉本は大丈夫。もう先輩はダメになってしまいましたから、私の出番です」と語り、演歌歌手・紫艶(38)との不倫問題に揺れる桂文枝(72)をイジった。

 その後も文珍の舌鋒は鋭さを増し、出演者のひとりである陣内智則(42)を「今日は来ていないですが、昔の彼女(藤原紀香)が結婚して心の傷が癒えない陣内くんも出演します」と言ったり、なだぎ武(45)を「乙武……あ、違うか。なだぎ武くんとは、障害のある方の性について考えようと思います」と紹介。


 テレビ朝日の記者が質問すると「古舘(伊知郎)さんはどうして(『報道ステーション』を)やめたんですか?」と逆質問したり、「(作家の)百田(尚樹)くんを呼びたかったが、何言い出すか分からん。ギャラがそんなに出せないということで、ギャラが『永遠の0』ではいかんでしょ」と止まらなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る