文枝、陣内、乙武ネタに 桂文珍が浴びせた“毒舌シャワー”

公開日:  更新日:

 5日、落語家の桂文珍(67)が「桂文珍的ココロ 神保町大阪文化祭!」開催発表会見に登場した。

 同公演に出演するお笑いコンビ「中川家」、「NON STYLE」石田明(36)も同席。文珍は「次代の吉本を担う『中川家』、そして『NON STYLE』の2組、そして私がいれば明日の吉本は大丈夫。もう先輩はダメになってしまいましたから、私の出番です」と語り、演歌歌手・紫艶(38)との不倫問題に揺れる桂文枝(72)をイジった。

 その後も文珍の舌鋒は鋭さを増し、出演者のひとりである陣内智則(42)を「今日は来ていないですが、昔の彼女(藤原紀香)が結婚して心の傷が癒えない陣内くんも出演します」と言ったり、なだぎ武(45)を「乙武……あ、違うか。なだぎ武くんとは、障害のある方の性について考えようと思います」と紹介。


 テレビ朝日の記者が質問すると「古舘(伊知郎)さんはどうして(『報道ステーション』を)やめたんですか?」と逆質問したり、「(作家の)百田(尚樹)くんを呼びたかったが、何言い出すか分からん。ギャラがそんなに出せないということで、ギャラが『永遠の0』ではいかんでしょ」と止まらなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る