元愛人の“猛攻”に沈黙貫く 桂文枝の「負けるが勝ち作戦」

公開日:  更新日:

 桂文枝(72)と演歌歌手・紫艶(38)の泥沼不倫騒動が収束の兆しを見せない。

 紫艶は27日に、自身のフェイスブック上で〈日曜日のお昼にやっている、師匠の看板番組でもある、あの長寿番組を偶然観ました〉とつづり、「新婚さんいらっしゃい!」(テレビ朝日系)を見たことについて報告。

〈私はしばらく、無心で画面を眺め、チャネルを変えた途端、突然涙が溢れ出て、自分でもどれくらい時間が経ったのかわからないくらい泣き続けました。何もかも「まだ私の中では終わってないんだ」という事を改めて思い知らされて、言葉にならない無力感と脱力感に襲われます。私の春はまだやって来そうにありません……〉と未練タラタラな心情を吐露した。

 前々号の「フライデー」では「桂文枝が溺れたグラマラスボディ」と題した袋とじヌードを披露。しかし、吉本興業関係者は「取り合うつもりはない。今後の公演も滞りなく進むはず」と静観の姿勢を崩さない。元愛人の暴走を食い止めるすべはないのか。男女問題研究家の山崎世美子氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る