元愛人の“猛攻”に沈黙貫く 桂文枝の「負けるが勝ち作戦」

公開日: 更新日:

 桂文枝(72)と演歌歌手・紫艶(38)の泥沼不倫騒動が収束の兆しを見せない。

 紫艶は27日に、自身のフェイスブック上で〈日曜日のお昼にやっている、師匠の看板番組でもある、あの長寿番組を偶然観ました〉とつづり、「新婚さんいらっしゃい!」(テレビ朝日系)を見たことについて報告。

〈私はしばらく、無心で画面を眺め、チャネルを変えた途端、突然涙が溢れ出て、自分でもどれくらい時間が経ったのかわからないくらい泣き続けました。何もかも「まだ私の中では終わってないんだ」という事を改めて思い知らされて、言葉にならない無力感と脱力感に襲われます。私の春はまだやって来そうにありません……〉と未練タラタラな心情を吐露した。

 前々号の「フライデー」では「桂文枝が溺れたグラマラスボディ」と題した袋とじヌードを披露。しかし、吉本興業関係者は「取り合うつもりはない。今後の公演も滞りなく進むはず」と静観の姿勢を崩さない。元愛人の暴走を食い止めるすべはないのか。男女問題研究家の山崎世美子氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  9. 9

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る