新番組スタート、再婚相手探し…みのもんた“復活の胎動”

公開日: 更新日:

 3年前の次男の不祥事以来、表舞台での影が薄くなっていたみのもんた(71)が徐々にうごめきだしている。

 この4月から、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同展開するインターネットテレビ局「AbemaTV」で「みのもんたのよるバズ!」をスタートさせる。みのがキャスターに復帰するのは2年半ぶりのこと。

 先月25日にはその“前哨戦”として古舘伊知郎が担当する最後の「報道ステーション」に登場し、「長い間お疲れさまでした」などとエールを送った。

 さらに、最新号の「週刊ポスト」では60分の単独インタビューに応じ、「僕は孤独死はしたくないんです。今、パートナーを探しているのは事実です。候補ですか? 今のところ6人います」などと、かつての軽妙トークを全開させた。

「次男の不祥事でテレビ関係者が次々離れて行ったのがよほど腹に据えかねているようです。本人はまだまだやれるつもりでいる。その気力が続けば、ネットに舞台を移してもう一度“みの時代”を復活させるかも知れません」(芸能リポーター)

 世はすでに超高齢化社会。テレビだけがみのの活躍の場ではないのかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  5. 5

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  6. 6

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  7. 7

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  8. 8

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る