新番組スタート、再婚相手探し…みのもんた“復活の胎動”

公開日:  更新日:

 3年前の次男の不祥事以来、表舞台での影が薄くなっていたみのもんた(71)が徐々にうごめきだしている。

 この4月から、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同展開するインターネットテレビ局「AbemaTV」で「みのもんたのよるバズ!」をスタートさせる。みのがキャスターに復帰するのは2年半ぶりのこと。

 先月25日にはその“前哨戦”として古舘伊知郎が担当する最後の「報道ステーション」に登場し、「長い間お疲れさまでした」などとエールを送った。

 さらに、最新号の「週刊ポスト」では60分の単独インタビューに応じ、「僕は孤独死はしたくないんです。今、パートナーを探しているのは事実です。候補ですか? 今のところ6人います」などと、かつての軽妙トークを全開させた。

「次男の不祥事でテレビ関係者が次々離れて行ったのがよほど腹に据えかねているようです。本人はまだまだやれるつもりでいる。その気力が続けば、ネットに舞台を移してもう一度“みの時代”を復活させるかも知れません」(芸能リポーター)

 世はすでに超高齢化社会。テレビだけがみのの活躍の場ではないのかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

もっと見る