新番組スタート、再婚相手探し…みのもんた“復活の胎動”

公開日: 更新日:

 3年前の次男の不祥事以来、表舞台での影が薄くなっていたみのもんた(71)が徐々にうごめきだしている。

 この4月から、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同展開するインターネットテレビ局「AbemaTV」で「みのもんたのよるバズ!」をスタートさせる。みのがキャスターに復帰するのは2年半ぶりのこと。

 先月25日にはその“前哨戦”として古舘伊知郎が担当する最後の「報道ステーション」に登場し、「長い間お疲れさまでした」などとエールを送った。

 さらに、最新号の「週刊ポスト」では60分の単独インタビューに応じ、「僕は孤独死はしたくないんです。今、パートナーを探しているのは事実です。候補ですか? 今のところ6人います」などと、かつての軽妙トークを全開させた。

「次男の不祥事でテレビ関係者が次々離れて行ったのがよほど腹に据えかねているようです。本人はまだまだやれるつもりでいる。その気力が続けば、ネットに舞台を移してもう一度“みの時代”を復活させるかも知れません」(芸能リポーター)

 世はすでに超高齢化社会。テレビだけがみのの活躍の場ではないのかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る