ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

ビートたけし “毒舌芸”のルーツは幼少期とヒモ時代にあり

公開日: 更新日:

 そんな彼の唯一の楽しみは、もっと貧乏な同級生を見つけてとことん悪口を言うことだった。子供の悪口は容赦がなくて残酷だ。それが面白がられると、みんなが彼の真似をして悪口を言うようになった。のちに日本中を席巻するたけしの毒舌芸は、この頃に下地ができていたのだ。

 明治大に進学してからも、すぐに学校には通わなくなってしまった。将来への夢も希望もなく、喫茶店のボーイをはじめ、いろいろな仕事を転々としていた。この頃、金持ちの中年女性に声をかけられ、ヒモになったこともあった。彼女の住む青山のマンションに出向き、1日1500円の食費だけをもらっていたのだ。

 当時、社会からドロップアウトした「フーテン」と呼ばれる若者が新宿の盛り場にはたくさんいた。たけしもそんな有象無象の一人に過ぎなかったのだ。ずっとため込んできた鬱屈した感情が、マグマのように噴き出して芸人ビートたけしを形作ることになった。怖いもの知らずの彼の毒舌芸のルーツがここにある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  4. 4

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 5

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  6. 6

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る