連ドラで“美しすぎない編集者” 高畑充希vs黒木華の軍配は

公開日:  更新日:

 今年に入って連ドラで目立っている女優が黒木華(ハナではなくハルと読む)。大河「真田丸」(NHK)では主役・真田信繁の最初の妻として落ち着いた演技を見せたが、まだ26歳!

 親友で恋敵役の長澤まさみと見比べると、はっきりいって美人じゃない。しかし、けなげでいちずでおしとやかな“お梅”を演じて、好印象だ。

 その黒木が4月クールで主役を張る「重版出来!」(TBS系)が火曜から始まった。普通、連ドラに脇役で出ていながら、同時期に他の連ドラに主演するのは業界のルール違反だが、なんと先々週にお梅は上田の合戦で死んだから問題なし(大河で死んだ直後にスタートする連ドラに主役で入れていた事務所、スゴ技!)。しかも、黒木はドラマ初主演。

「重版出来!」(ジュウハン・シュッタイと読む)はマンガが原作でマンガ編集部が舞台だ(ややこしい)。この手の“出版業界もの”はリアリティーが問われる。確かに編集者と漫画家の関係や、漫画雑誌が作られていく裏方の仕事がハウツー的に描写されているが、同じマンガ業界もの「バクマン。」のように映画ではなく連ドラで、マンガ業界話に視聴者がついてくるかは疑問だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る