• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連ドラで“美しすぎない編集者” 高畑充希vs黒木華の軍配は

 今年に入って連ドラで目立っている女優が黒木華(ハナではなくハルと読む)。大河「真田丸」(NHK)では主役・真田信繁の最初の妻として落ち着いた演技を見せたが、まだ26歳!

 親友で恋敵役の長澤まさみと見比べると、はっきりいって美人じゃない。しかし、けなげでいちずでおしとやかな“お梅”を演じて、好印象だ。

 その黒木が4月クールで主役を張る「重版出来!」(TBS系)が火曜から始まった。普通、連ドラに脇役で出ていながら、同時期に他の連ドラに主演するのは業界のルール違反だが、なんと先々週にお梅は上田の合戦で死んだから問題なし(大河で死んだ直後にスタートする連ドラに主役で入れていた事務所、スゴ技!)。しかも、黒木はドラマ初主演。

「重版出来!」(ジュウハン・シュッタイと読む)はマンガが原作でマンガ編集部が舞台だ(ややこしい)。この手の“出版業界もの”はリアリティーが問われる。確かに編集者と漫画家の関係や、漫画雑誌が作られていく裏方の仕事がハウツー的に描写されているが、同じマンガ業界もの「バクマン。」のように映画ではなく連ドラで、マンガ業界話に視聴者がついてくるかは疑問だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る