毎日が試合…上田まりえが語る 「5時に夢中!」の難しさ

公開日: 更新日:

 芸能界が不倫スキャンダルで揺れる今年1月末、7年勤めた日本テレビを退社し、フリーアナウンサーではなくタレントに転身した上田まりえ(29)。上田が選んだのはセントフォースではなく「松竹芸能」だった。4月から「5時に夢中!」(TOKYO MX)でアシスタントを担当。タレントになって3カ月、環境の変化や誤算を聞いてみると……。

 ◇  ◇  ◇

 うれしい誤算はレギュラー番組を頂けたことです。仕事ゼロという覚悟で、バイトまで決めて日本テレビを辞めたので。マネジャーが一番驚いていると思います。(月~木でレギュラー出演する)「5時に夢中!」はもともと好きな番組でした。

 いざアシスタントで出てみると、やればやるほどまあ難しい。あれだけの出演者の方々が日替わりで束になってかかってくるわけですから。ゲームの「マリオ」はノコノコやクリボーを倒してからクッパですけど、「5時に夢中!」は常にクッパ戦。毎日試合に行っている気分です。せめて引き分けに持っていきたいんですけど、現状は未勝利。「敗因」は考え過ぎですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る