毎日が試合…上田まりえが語る 「5時に夢中!」の難しさ

公開日: 更新日:

 芸能界が不倫スキャンダルで揺れる今年1月末、7年勤めた日本テレビを退社し、フリーアナウンサーではなくタレントに転身した上田まりえ(29)。上田が選んだのはセントフォースではなく「松竹芸能」だった。4月から「5時に夢中!」(TOKYO MX)でアシスタントを担当。タレントになって3カ月、環境の変化や誤算を聞いてみると……。

 ◇  ◇  ◇

 うれしい誤算はレギュラー番組を頂けたことです。仕事ゼロという覚悟で、バイトまで決めて日本テレビを辞めたので。マネジャーが一番驚いていると思います。(月~木でレギュラー出演する)「5時に夢中!」はもともと好きな番組でした。

 いざアシスタントで出てみると、やればやるほどまあ難しい。あれだけの出演者の方々が日替わりで束になってかかってくるわけですから。ゲームの「マリオ」はノコノコやクリボーを倒してからクッパですけど、「5時に夢中!」は常にクッパ戦。毎日試合に行っている気分です。せめて引き分けに持っていきたいんですけど、現状は未勝利。「敗因」は考え過ぎですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る