毎日が試合…上田まりえが語る 「5時に夢中!」の難しさ

公開日:  更新日:

 芸能界が不倫スキャンダルで揺れる今年1月末、7年勤めた日本テレビを退社し、フリーアナウンサーではなくタレントに転身した上田まりえ(29)。上田が選んだのはセントフォースではなく「松竹芸能」だった。4月から「5時に夢中!」(TOKYO MX)でアシスタントを担当。タレントになって3カ月、環境の変化や誤算を聞いてみると……。

 ◇  ◇  ◇

 うれしい誤算はレギュラー番組を頂けたことです。仕事ゼロという覚悟で、バイトまで決めて日本テレビを辞めたので。マネジャーが一番驚いていると思います。(月~木でレギュラー出演する)「5時に夢中!」はもともと好きな番組でした。

 いざアシスタントで出てみると、やればやるほどまあ難しい。あれだけの出演者の方々が日替わりで束になってかかってくるわけですから。ゲームの「マリオ」はノコノコやクリボーを倒してからクッパですけど、「5時に夢中!」は常にクッパ戦。毎日試合に行っている気分です。せめて引き分けに持っていきたいんですけど、現状は未勝利。「敗因」は考え過ぎですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る