二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

岡田准一 “タブー破り”の同棲はアイドルでなく役者の証し

公開日: 更新日:

 先週の週刊誌に2組の芸能人カップルが写真を撮られた。

 焼き肉屋デートを楽しんだのは山崎賢人(21)と土屋太鳳(21)。「麻布・中目黒」が業界のデートスポットと喧伝されるなか、選んだ店は新宿と庶民的。個室で食事をして別々に帰る。恋愛のスタートラインに立ったばかりのように見えるが、別な見方もある。朝ドラ、映画と続けての共演は「爽やかカップル」としてかつての「山口百恵三浦友和」のように映画会社が売り出していくという説。

 一方、“V6”の岡田准一(35)と宮崎あおい(30)は昨年のデートに続き、予想通り進展して今回は同棲現場。こちらは恋愛も終盤。「結婚」というゴールが見え始めているように思える。

 昔、写真誌のキャッチコピーに「時代を切り撮る」という言葉があった。熱愛写真もその瞬間を切り撮っている。彼女を従え、「俺様」顔の歌手がいたり、「私の彼よ」とばかりにカメラ目線で得意顔の女優がいたりする。そこに見る人の「邪推」が生まれる。写真の怖さでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る