“芋づる”狙う警視庁 清原被告に囁かれる「再逮捕」Xデー

公開日:  更新日:

 覚醒剤取締法違反の罪に問われた清原和博被告(48)の初公判は、“のりピー級”の注目度だった。

 17日は雨の中、傍聴券20枚に3769人が列をつくり、倍率は約188倍。紺色のスーツ、白いワイシャツ姿で法廷に現れた清原被告は弱々しい印象で、すっかり“番長”の面影が消えていた。かすれた声で涙ながらに「本当に申し訳ない」と謝罪を繰り返したが、清原被告を逮捕した警視庁の特命チームは、早くも再逮捕を視野に入れているという。

 昨年の警察庁の資料によれば、40代の覚醒剤事件の再犯率は72.2%に上り、50代以上は8割近くに跳ね上がる。だからこそ、17日の公判の論告求刑で検察は「被告の覚醒剤への親和性、依存性、常習性は顕著である」と清原被告を断罪し、大方の予想より1年重い懲役2年6月を求刑した。31日の判決公判では執行猶予がつくとみられているが、それで一件落着とはなりそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る