撮影中ドラマ5本…最も多忙な俳優・遠藤憲一が“覚悟”語る

公開日: 更新日:

 一体いくつの「顔」を持っているのだろうか。いま最も多忙で幅広い役柄をこなす俳優、遠藤憲一(54)。ドラマで見ないクールはないが、この現状についてどう思っているのだろうか。

■今の時代はやるか、やらないか

「大変ありがたい話ですが、正直に言えば、9割がた苦しい(笑い)。楽な方、のんびりな方にいけたらそうありたいけれど、今の時代はそうじゃない。やるか、やらないか。で、自分はやる方を選んだ。体力的にどうなっちゃうんだろうと思う時もありますが、それでもやりたいというエネルギーで受けている。現場で目の前のシーンに集中する。そんなんで毎日生きてますね」

 人生でいまが「一番忙しい」と自身に確認するように話す。現在撮影中のドラマは単発、連ドラ含め計5本。この数、尋常ではない。

「この出方(露出)は完璧に飽きられちゃうよっていうパターン。だから余計に少しでも新しいものを出すよう工夫していかないと。アドリブの利かせようのない作品は別として、セリフひとつとっても一言一句正確に言えばいいわけではない。相手の役者さんや監督とのやりとりで何かしら降りてくるひらめきを大事にして、それを提案する。全くひらめかない時はすっげえ苦しくて、『やべやべ、このシーンつまんねえぞ。どうしよ、どうしよ』って、心の中でつぶやいてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る