• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

撮影中ドラマ5本…最も多忙な俳優・遠藤憲一が“覚悟”語る

 一体いくつの「顔」を持っているのだろうか。いま最も多忙で幅広い役柄をこなす俳優、遠藤憲一(54)。ドラマで見ないクールはないが、この現状についてどう思っているのだろうか。

■今の時代はやるか、やらないか

「大変ありがたい話ですが、正直に言えば、9割がた苦しい(笑い)。楽な方、のんびりな方にいけたらそうありたいけれど、今の時代はそうじゃない。やるか、やらないか。で、自分はやる方を選んだ。体力的にどうなっちゃうんだろうと思う時もありますが、それでもやりたいというエネルギーで受けている。現場で目の前のシーンに集中する。そんなんで毎日生きてますね」

 人生でいまが「一番忙しい」と自身に確認するように話す。現在撮影中のドラマは単発、連ドラ含め計5本。この数、尋常ではない。

「この出方(露出)は完璧に飽きられちゃうよっていうパターン。だから余計に少しでも新しいものを出すよう工夫していかないと。アドリブの利かせようのない作品は別として、セリフひとつとっても一言一句正確に言えばいいわけではない。相手の役者さんや監督とのやりとりで何かしら降りてくるひらめきを大事にして、それを提案する。全くひらめかない時はすっげえ苦しくて、『やべやべ、このシーンつまんねえぞ。どうしよ、どうしよ』って、心の中でつぶやいてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る