• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

撮影中ドラマ5本…最も多忙な俳優・遠藤憲一が“覚悟”語る

 一体いくつの「顔」を持っているのだろうか。いま最も多忙で幅広い役柄をこなす俳優、遠藤憲一(54)。ドラマで見ないクールはないが、この現状についてどう思っているのだろうか。

■今の時代はやるか、やらないか

「大変ありがたい話ですが、正直に言えば、9割がた苦しい(笑い)。楽な方、のんびりな方にいけたらそうありたいけれど、今の時代はそうじゃない。やるか、やらないか。で、自分はやる方を選んだ。体力的にどうなっちゃうんだろうと思う時もありますが、それでもやりたいというエネルギーで受けている。現場で目の前のシーンに集中する。そんなんで毎日生きてますね」

 人生でいまが「一番忙しい」と自身に確認するように話す。現在撮影中のドラマは単発、連ドラ含め計5本。この数、尋常ではない。

「この出方(露出)は完璧に飽きられちゃうよっていうパターン。だから余計に少しでも新しいものを出すよう工夫していかないと。アドリブの利かせようのない作品は別として、セリフひとつとっても一言一句正確に言えばいいわけではない。相手の役者さんや監督とのやりとりで何かしら降りてくるひらめきを大事にして、それを提案する。全くひらめかない時はすっげえ苦しくて、『やべやべ、このシーンつまんねえぞ。どうしよ、どうしよ』って、心の中でつぶやいてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  4. 4

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  5. 5

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  6. 6

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  7. 7

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  8. 8

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    雨の降り方が一変…明治以来の土建国家の施策は破綻危機

もっと見る