春風亭昇太
著者のコラム一覧
春風亭昇太落語家

昭和53年東海大学文学部入学、57年春風亭柳昇に入門、61年二つ目昇進、春風亭昇太となる。平成4年真打ち昇進。10年浅草芸能大賞新人賞受賞、11年国立演芸場主催花形演芸大賞金賞受賞、12年度第55回文化庁芸術祭大賞受賞、12年花形演芸大賞大賞受賞。

<第1回>笑点新司会に 「お相撲のない時にそーっと見て」

公開日: 更新日:

 50周年を迎えた人気番組「笑点」は司会の桂歌丸が勇退し、その後任が注目されていたが、22日のスペシャル番組生放送の中で、新司会者は春風亭昇太に決まったと公表した。

 昇太はBS日テレの「笑点デラックス」でジュニア大喜利の司会を務め、立川生志、春風亭柳好、林家木久蔵ら後輩の回答者を仕切っていた。その実績から、ゆくゆくは地上波の方の司会もやるだろうと予測していたが、こんなに早く就任するとは思わなかった。しかし、最も適任の者が選ばれるのは当然なので、心から「就任おめでとう」と言いたい。

「笑点」に出るようになって11年目に入る昇太は、番組についてこう語っている。

「番組に出ていいことばかりでしたね。それまで以上に顔と名前が売れたし、仕事も増えました。ただ一つだけ課題があって、それは笑点と落語のすみ分けです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る