• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エリートは“笑いの効用”に着目 「落語」で磨くビジネスセンス

「一流」が、ちょっとしたブームだ。ビジネス書コーナーには、一流の人の習慣や思考法を分析する本がズラリ。“英雄、色を好む”とばかりに稼ぐ男の絶倫ぶりを紹介する本まである。

 そんな中、「ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?」(日本能率協会マネジメントセンター)が出版され、話題になっている。著者は、SBIモーゲージ・元取締役執行役員常務の横山信治氏と放送作家の石田章洋氏。2人とも、元落語家という異色の経歴の持ち主だ。

 横山氏が言う。

「雑誌プレジデントの調査によると年収1000万円以上の方は、約44%が落語好きでした。75%は『初対面でも笑いをとって相手の心をつかむ』と回答しているように、エリートは笑いの効用に着目しているのです。ところが、私の調査では、1000万円未満の落語好きはわずか8%。普段から落語を聴いている人の方がそうでない人より、年収が高いのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る