日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4月放送 TBS“深夜の昼ドラ”は前田敦子の代表作になるか

 ひょっとしたら前田敦子(24)の代表作になるかも知れない。4月20日からTBSが“深夜の昼ドラ”として放送するドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(24時10分~)のことである。

 4月の改編期に向けて各局の新ドラマが続々と明らかになっている。フジは“月9枠”で福山雅治(47)主演の「ラヴソング」、日テレは嵐の大野智(35)で「世界一難しい恋」(水曜22時~)、テレビ朝日はシリーズ11作目となる「警視庁捜査一課9係」(水曜21時~)などなどだが、そんな中で目を奪ったのが冒頭の「毒島――」なのだった。

 主演は言うまでもなく前田敦子。前田演じる毒島は、大物政治家の番記者として働くヤリ手ながらプライベートは奔放で、自分に課したルールは「彼氏は常に2人つくること」。愛と裏切りを繰り返しながら、人間として成長していくさまをせきららに描いていくという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事