「実刑でもよかった」 元特捜検事が清原被告判決に疑問符

公開日: 更新日:

 31日、覚醒剤取締法違反罪に問われた清原和博被告(48)に下された判決を聞いて、釈然としない向きも多いのではないか。

 検察の求刑通りの懲役2年6月はともかく、執行猶予4年。「事件が大きく報道され、社会的制裁も受けた」とは東京地裁の吉戒裁判官だが、全身に刺青を入れたあの薬物常習者が、刑務所に入ることなく、その場で野に放たれたのだ。

 TBSテレビの「ゴゴスマ」に出演した作家の田中康夫氏は、番組の中でこうコメントした。

「実刑ではなく4年の執行猶予。保護観察もない。自力で更生しなさいと言うようなもの」
「より厳しくすることが、彼に対する愛情なんじゃないのか。それを前例がないから新しいことが出来ないというのでは役所の発想です」
「覚醒剤をやった人は殺傷事件を起こすこともあります。そうなると取り返しがつかないし、清原被告だけの問題ではなくなる。清原被告には強い意志がない。それを野放しにするような話です。法律では(執行猶予付きは)そうかもしれませんが、まるで法治国家が放置しているような感じです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る