地道な活動が実を結んだ 前田敦子“本領発揮”までの4年間

公開日: 更新日:

 “毒島ゆり子”効果もあるのだろう。ラゾーナ川崎(川崎市)の特設ステージは多くの観客で埋め尽くされた。

 11日に自身初のフリーライブを行った、女優で歌手の前田敦子(24)である。ソロ活動5周年を記念したファーストアルバム「Selfish」(6月22日)を引っさげ、収録曲2曲を披露。トークもノリノリで、「最近恋していますか?」という質問には、「したいですねー」と笑顔で答えていた。

 来月には米NYで開催される日本映画祭「ジャパン・カッツ」へのゲスト出演を控え、多忙な毎日を送っている前田。残り2回の放送となった主演ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)は深夜帯にもかかわらず視聴率3%台をマーク。大胆な濡れ場や入浴シーンが話題だが、新アルバムのPVも下着姿で大阪・新世界を闊歩したり、湯船から足をチラ見せしたり。AKB卒業組が低迷する中で、元センターの彼女も例外ではなかったが、エロ路線でようやく女優としても一皮むけたようである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  4. 4

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  9. 9

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  10. 10

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

もっと見る