地道な活動が実を結んだ 前田敦子“本領発揮”までの4年間

公開日: 更新日:

 “毒島ゆり子”効果もあるのだろう。ラゾーナ川崎(川崎市)の特設ステージは多くの観客で埋め尽くされた。

 11日に自身初のフリーライブを行った、女優で歌手の前田敦子(24)である。ソロ活動5周年を記念したファーストアルバム「Selfish」(6月22日)を引っさげ、収録曲2曲を披露。トークもノリノリで、「最近恋していますか?」という質問には、「したいですねー」と笑顔で答えていた。

 来月には米NYで開催される日本映画祭「ジャパン・カッツ」へのゲスト出演を控え、多忙な毎日を送っている前田。残り2回の放送となった主演ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)は深夜帯にもかかわらず視聴率3%台をマーク。大胆な濡れ場や入浴シーンが話題だが、新アルバムのPVも下着姿で大阪・新世界を闊歩したり、湯船から足をチラ見せしたり。AKB卒業組が低迷する中で、元センターの彼女も例外ではなかったが、エロ路線でようやく女優としても一皮むけたようである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る