地道な活動が実を結んだ 前田敦子“本領発揮”までの4年間

公開日:  更新日:

 “毒島ゆり子”効果もあるのだろう。ラゾーナ川崎(川崎市)の特設ステージは多くの観客で埋め尽くされた。

 11日に自身初のフリーライブを行った、女優で歌手の前田敦子(24)である。ソロ活動5周年を記念したファーストアルバム「Selfish」(6月22日)を引っさげ、収録曲2曲を披露。トークもノリノリで、「最近恋していますか?」という質問には、「したいですねー」と笑顔で答えていた。

 来月には米NYで開催される日本映画祭「ジャパン・カッツ」へのゲスト出演を控え、多忙な毎日を送っている前田。残り2回の放送となった主演ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)は深夜帯にもかかわらず視聴率3%台をマーク。大胆な濡れ場や入浴シーンが話題だが、新アルバムのPVも下着姿で大阪・新世界を闊歩したり、湯船から足をチラ見せしたり。AKB卒業組が低迷する中で、元センターの彼女も例外ではなかったが、エロ路線でようやく女優としても一皮むけたようである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る