損保CMで注目 唐田えりかはマザー牧場で発掘された“原石”

公開日: 更新日:

 そのすぐ後に受けたオーディションを勝ち抜き、ソニー損保のCMキャラクターに抜擢されたシンデレラガールなのだ。

「ソニー損保の顔だった瀧本美織の人気が絶大だっただけに、代わって登場した時は“瀧本ロス”なんていう言葉が出た時期もありました。でも、すぐに“新しい顔”として定着したのは高く評価されています。スカウトされたいきさつもそうですが、人の印象に残りやすいというのは、この世界では最高の“才能”といわれます。唐田はそんな才能があるのではと、所属事務所の期待も大きい」(芸能ライター)

 仕事のオファーも多く、この7月8日スタートのテレビ東京永野芽郁主演ドラマ「こえ恋」では、ヒロインの恋敵という役柄での出演が決定。“おいしい”役どころなだけに、視聴者の印象に残りやすいという“持って生まれた武器”が開花するかも。

「彼女が本格的に連続ドラマに出演するのは今作が初めて。目標とする同じ事務所の先輩、有村架純も“TMK(透明感)がすごい”と絶賛し、事務所サイドも“2年後には有村を超えうる逸材”と太鼓判を押しています。このドラマでの成長をわれわれも期待しています」(テレビ関係者)

 人材豊富で競争が激しいポスト広瀬すず世代ではあるが、唐田えりかの名前がドラマや映画、CMに並ぶ日はそう遠くなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  6. 6

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  7. 7

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  8. 8

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  9. 9

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  10. 10

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

もっと見る