女医・脇坂被告 法廷で暴かれた化粧の下の異常な金銭感覚

公開日: 更新日:

 中目黒のクリニックが閉院する昨年3月までに1億6000万円の診療報酬が振り込まれたそうだが、そこから指南役への謝礼、クリニックの運営費などで出金が確認できたのは8000万円ほど。脇坂被告は「不正請求はやめたいとずっと思っていたが、目の前のお金に夢中でやめられなかった」などと話していたが、結果、「医療機器は購入する資金が残らなかった」というから開いた口が塞がらない。こんな腐った医者を“女医ドル”と持ち上げて新聞にコラムを書かせるなどタレント活動を行っていた芸能プロも罪深いというしかない。

 テレビではあけすけに「男性経験人数800人」と語ったり、ホストクラブでの豪遊ぶりをさらしていた脇坂被告に検察からは「不正をしていたのになぜテレビに出たのか」との質問も。すると脇坂被告は「興味本位。クリニックに患者が増えれば、不正をやめられると思った」とあっけらかん。検察側は「身勝手で利欲的な犯行だ」とし懲役3年を求刑したが、弁護側は「反省している」と執行猶予付きの判決を求めていた。

 かつての厚化粧ははげ落ち、健康状態が落ち着いたからか、かなり太った印象の脇坂被告。裁判官には「後悔している」と涙していたが、つける薬はなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  3. 3

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  4. 4

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  5. 5

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  6. 6

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  7. 7

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  8. 8

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る