女医・脇坂被告 法廷で暴かれた化粧の下の異常な金銭感覚

公開日: 更新日:

 千葉・船橋と東京・中目黒で経営していた美容クリニックで虚偽のカルテを作成、診療報酬を不正にだまし取った詐欺罪に問われているタレント女医の脇坂英理子被告(37)。その脇坂被告の論告求刑公判が23日に東京地裁(林直弘裁判官)で開かれたが、5月の初公判に続いて、この日も異常な金銭感覚が次々と明らかになった。

 検察側によると、脇坂被告はクリニック開業前の10年9月から11年8月にかけ、アメックスのクレジットカードで2500万円を散財。そのうち1300万円はホストに貢いでいたというが、これは初公判に情状証人として出廷した母親が肩代わり。さらに結婚した際にマンションを購入。銀行で5000万円以上のローンを組んだが11年に離婚。母親が肩代わりしたが、まだ700万円ほどの元金が未返済だという。

 この時点ですでに借金でクビが回らない状態にもかかわらず、12年7月に船橋にクリニックを開業。しかし、さっぱり客が入らなかったため一連の事件で逮捕された歯科医に相談したところ、結果的に詐欺の指南役となった男性を紹介され、診療報酬詐欺に手を染めることになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る