女医・脇坂被告 法廷で暴かれた化粧の下の異常な金銭感覚

公開日:  更新日:

 千葉・船橋と東京・中目黒で経営していた美容クリニックで虚偽のカルテを作成、診療報酬を不正にだまし取った詐欺罪に問われているタレント女医の脇坂英理子被告(37)。その脇坂被告の論告求刑公判が23日に東京地裁(林直弘裁判官)で開かれたが、5月の初公判に続いて、この日も異常な金銭感覚が次々と明らかになった。

 検察側によると、脇坂被告はクリニック開業前の10年9月から11年8月にかけ、アメックスのクレジットカードで2500万円を散財。そのうち1300万円はホストに貢いでいたというが、これは初公判に情状証人として出廷した母親が肩代わり。さらに結婚した際にマンションを購入。銀行で5000万円以上のローンを組んだが11年に離婚。母親が肩代わりしたが、まだ700万円ほどの元金が未返済だという。

 この時点ですでに借金でクビが回らない状態にもかかわらず、12年7月に船橋にクリニックを開業。しかし、さっぱり客が入らなかったため一連の事件で逮捕された歯科医に相談したところ、結果的に詐欺の指南役となった男性を紹介され、診療報酬詐欺に手を染めることになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る