報道経験ほぼゼロでも 「NEWS23」が雨宮塔子にすがるワケ

公開日:  更新日:

 “昔の名前”はどこまで通用するのか。TBSの「NEWS23」が秋の改編期から元TBSアナで、現在はパリを拠点にエッセイストとしても活躍しているフリーアナウンサーの雨宮塔子氏(45)を起用して、現在の星浩氏(60)とダブルキャスター体制をとるという。

 同番組は今年3月に、それまでアンカーを務めていた岸井成格氏(71)と膳場貴子キャスター(41)を同時降板させ、代わって朝日新聞から星氏を招いて大幅刷新を図っていた。ところが、視聴率が思うように伸びず、常時8%台を連発する日テレの「NEWS ZERO」に対抗するため、テコ入れ策を探っていた最中。

 その事情は重々分かるが、どうしてよりによって17年前にTBSを辞めたアナ、しかも「どうぶつ奇想天外!」や「チューボーですよ!」などのバラエティーで人気を博し、報道経験はほぼ皆無の雨宮に白羽の矢を立てたのか、という点だ。昨年末に放送した「報道の日」という特番が好評だったという声もあるが、今は各局とも大幅な経費削減の真っ最中。できれば局アナでしのぎたかったはずだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る