肉体改造も楽勝? 女優マイカ・モンローは“元アスリート”

公開日:  更新日:

 夏休み大作の一本である映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(ローランド・エメリッヒ監督)が9日から公開となる。人類絶滅の危機に瀕し、エイリアンと戦う勇敢なヒロインを演じたのは、マイカ・モンロー(23)。今後も複数の出演作の公開を控える若手注目株の女優を直撃!

 20年前に公開され、日本だけでも興行収入106億円を突破した大ヒットムービーの続編。前作公開時の年齢は3歳だった。

「ちっちゃな時だから、オンタイムでは見てないけれど、10歳の時にパパが大好きな映画だったので一緒に見たの。でもね、DVDじゃないのよ、VHS。ウチにはまだVHSのデッキしかなかったから。時代よねえ」

 2カ月近くに及んだ過酷なオーディションでゲットした大役は、「踊りまくるぐらい、うれしかった」と振り返る。前作で戦いの陣頭指揮を執った大統領の愛娘役で、現大統領のもとで働く以前はパイロットを志していた。どんな役作りを?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る