寺川綾はアイドル風 元アスリートになぜ番組を仕切らせる

公開日: 更新日:

 元女性アスリートのスポーツキャスターぶりや司会ぶりがお粗末だ。

 まず「報道ステーション」(テレビ朝日系)で金曜だけ出演中の寺川綾(31)。コメンテーターではなく、スポーツコーナーの“仕切り”を一応任されているが、舌っ足らずで、子どもみたいに「スポーツでぇす!」とかしゃべるのが鼻につく。

 先週は柔道五輪選手の練習をリポート。スタジオで柔道着を着て「エイ!」と払い技のポーズをとる時もカワイコぶったり、選手に投げられる時も「わー!」「キャー!」とわざとらしく大口を開ける。元アスリートのクセにリアクションが常にアイドル風だ。コメントも「リオで笑顔を見たい」とか軽い。

 テレ朝が仮に女版・松岡修造に育てたいとしたら、そんな逸材ではない。「報ステ」には男子アナの寺川俊平がいて、こちらは優秀。名前がかぶって紛らわしいので、綾のほうは早めの降板を望みたいね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

  10. 10

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る