3つの血継いだサラブレッド 尾上右近が自主公演で真骨頂

公開日: 更新日:

 2回目の今年は「仮名手本忠臣蔵」の五段目と六段目、「船弁慶」。大役・難役で、みな六代目菊五郎の当たり役で、右近はその継承者であることをアピールしたのだ。終演後の挨拶でも、「いつか本興行で」と意欲を表明した。セルフプロデュース力にもたけている。

 右近の自主公演では、歌舞伎の伝統と未来が交差する瞬間に立ち会っている感覚を抱いた。歌舞伎では女形が多く、その時は感じなかったが、立役を見て、鶴田浩二の面影も感じた。右近の親戚でもある尾上菊之助は富司純子の息子だし、歌舞伎と任侠映画とは意外と近いのだ。(作家・中川右介)

※尾上右近の今後の公演は、今月24日に「日本フィル&サントリーホール とっておきアフタヌーンVol5『歌舞伎×オーケストラ』」。「第三回研の會」は来年8月27、28日、国立劇場小劇場。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る