• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
中村竜太郎
著者のコラム一覧
中村竜太郎ジャーナリスト

1964年生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から週刊文春で勤務。政治から芸能まで幅広いニュースを担当し、「NHKプロデューサー巨額横領事件」(04年)、「シャブ&ASKA」(14年)など数々のスクープを飛ばす。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」では歴代最多、3度の大賞を受賞。2014年末に独立し、現在は月刊文藝春秋などで執筆中。フジテレビ「みんなのニュース」のレギュラーコメンテーター。

SMAP解散 木村拓哉以外の4人を待ち受ける“過酷な運命”

「もう芸能界を辞めてもいいと思っている」。悲痛な覚悟を吐露したのは香取慎吾――。

 年初の解散騒動から半年、8月14日深夜、突如発表された「SMAP解散」。

 メンバーはそれぞれ、中居「このような結果になったのをお許しください」、木村「正直なところ本当に無念です」、稲垣「つらい決断ではありますが、解散という形を取らせていただくことになりました」、草彅「僕たちSMAPは解散する道を選びました」、香取「ファンの皆さま、関係者の皆さま、SMAPは解散します」などとコメントした。芸能関係者が明かす。

「発表直前まで事務所はメンバーと活動休止の方向で話し合いを進めていたが、香取がかたくなに『解散』を主張し、草彅と稲垣が同調。諸事情を考え『表向きは休止』というソフト路線だった中居も、香取らの意思を尊重し解散に舵を切ったのです。一方、1月の独立クーデター失敗の際、事務所側についた木村はSMAPの中で『1対4』の対立関係でしたが、最後まで『SMAPは存続するのが当然でしょ』という考えでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る