キムタクの裏切り過去にも…1998年“SMAP解散情報”の真相

公開日:  更新日:

 SMAPの解散決定を家族でバカンス中のハワイで知らされた木村拓哉(43)。一度は「活動休止」でまとまった話である。それが自分が日本にいない隙に一気に解散へと雪崩を打つとは、他の4人のメンバーとの温度差はオアフ島と北極以上だ。

 ハワイにはジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長(89)とその娘の藤島ジュリー景子副社長(50)も滞在中。本来であればSMAP25周年コンサートの企画などを燦々と降り注ぐ陽光の下で事務所の最高幹部と話し合う場のはずが、今は帰国後の対応を巡って大わらわだろう。

 実はメンバーにしてみれば、木村の裏切りは今回に限ったことではない。やはりSMAP解散説が飛び交った1998年10月、リーダーの中居正広(43)らがこのウワサを言下に否定したのに対して、「ないと思いますよ。(来年は)どうですかね」と煮え切らない態度に終始したのが木村だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る