• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

高畑淳子「謝罪会見」の涙の意味は? 被害者を無視の声も

 高畑淳子の謝罪会見を別な角度から見ると、気づくことがある。

 まず会見の時間。当初、昼からの予定をテレビ局の要請もあり、主なワイドショーが横並びになる午前9時になった。性犯罪は女性がもっとも嫌う。多くの主婦が見る時間帯を選び、母親としての謝罪の気持ちを伝えたかったのだろう。会見は高畑が立ったままでマスコミは着席。謝罪する立場を強調したのだろうが、立っている人を座って質問する形はちょっと不自然。市川海老蔵が事件を起こした後の会見のように、座ったままでもよかったとも思う。

 会見では「なんでも答えます」と予定時間をオーバーして真摯に答えた。それは「質問なし」でバッシングされたベッキーとは対照的だったが、謝罪会見で肝心なのは中身。辛辣な質問にも答える姿は時には胸を打つものであったが、印象的だったのが「贖罪」の言葉。酒井法子が覚醒剤事件から再出発を期して出版した本のタイトルが「贖罪」で多くの人が目にした。「裕太とともに一生をかけて贖罪します」と、母子の情愛も「贖罪」の言葉で強調していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る