• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

高畑淳子「謝罪会見」の涙の意味は? 被害者を無視の声も

 高畑淳子の謝罪会見を別な角度から見ると、気づくことがある。

 まず会見の時間。当初、昼からの予定をテレビ局の要請もあり、主なワイドショーが横並びになる午前9時になった。性犯罪は女性がもっとも嫌う。多くの主婦が見る時間帯を選び、母親としての謝罪の気持ちを伝えたかったのだろう。会見は高畑が立ったままでマスコミは着席。謝罪する立場を強調したのだろうが、立っている人を座って質問する形はちょっと不自然。市川海老蔵が事件を起こした後の会見のように、座ったままでもよかったとも思う。

 会見では「なんでも答えます」と予定時間をオーバーして真摯に答えた。それは「質問なし」でバッシングされたベッキーとは対照的だったが、謝罪会見で肝心なのは中身。辛辣な質問にも答える姿は時には胸を打つものであったが、印象的だったのが「贖罪」の言葉。酒井法子が覚醒剤事件から再出発を期して出版した本のタイトルが「贖罪」で多くの人が目にした。「裕太とともに一生をかけて贖罪します」と、母子の情愛も「贖罪」の言葉で強調していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る