二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

高畑淳子「謝罪会見」の涙の意味は? 被害者を無視の声も

公開日:  更新日:

 高畑淳子の謝罪会見を別な角度から見ると、気づくことがある。

 まず会見の時間。当初、昼からの予定をテレビ局の要請もあり、主なワイドショーが横並びになる午前9時になった。性犯罪は女性がもっとも嫌う。多くの主婦が見る時間帯を選び、母親としての謝罪の気持ちを伝えたかったのだろう。会見は高畑が立ったままでマスコミは着席。謝罪する立場を強調したのだろうが、立っている人を座って質問する形はちょっと不自然。市川海老蔵が事件を起こした後の会見のように、座ったままでもよかったとも思う。

 会見では「なんでも答えます」と予定時間をオーバーして真摯に答えた。それは「質問なし」でバッシングされたベッキーとは対照的だったが、謝罪会見で肝心なのは中身。辛辣な質問にも答える姿は時には胸を打つものであったが、印象的だったのが「贖罪」の言葉。酒井法子が覚醒剤事件から再出発を期して出版した本のタイトルが「贖罪」で多くの人が目にした。「裕太とともに一生をかけて贖罪します」と、母子の情愛も「贖罪」の言葉で強調していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る