• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高橋真麻の“銀ぶら”撮った 超高級宝飾店で婚約指輪購入?

 最高気温33度を記録した5日午後のこと。残暑の中、手を取り合って東京・銀座でデートしていたのはフリーアナウンサーの高橋真麻(34)。

 隣は交際中といわれる30代のイケメン不動産会社社長なのだろう。彼氏はTシャツに短パン、真麻はワンピース姿で、マスクやサングラスで変装することもなく“銀ぶら”。通行人を気にするそぶりもなく向かった先は高級宝飾店「ハリー・ウィンストン」だった。

 ハリー・ウィンストンといえば、名だたるセレブや著名人から愛されている超高級宝飾品ブランド。ルンルンのカップルが向かうとすれば買うものは一つ。婚約指輪だ。

 真麻の所属事務所では「とくに結婚するという報告もありませんし、ウインドーショッピングではないでしょうか」というが、弾むような足取りの2人は幸せオーラ全開。真麻は10月9日の誕生日で35歳になるだけに、ついにシンデレラ・ハネムーンか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る