後引くシュールさ武器 バッドナイス常田に芸能人ファン急増

公開日:  更新日:

 関根麻里、斎藤工や、「ゲスの極み乙女。」のメンバーがそろって「面白い」と言う若手芸人がバッドナイス常田。関根は自分の出演番組で「世界観が独特で、ジワジワと面白みが湧いてくる」、斎藤は「とにかく世界観がすごいのに、それが伝わらないところが面白い」、ゲスの極みは「間の取り方が独特なところと、コントに出てくる登場人物のセリフ回しが全部同じ」としながら、自分のMVに常田を出演させるほどの気に入りよう。彼らの言葉通り、後を引く独特なシュールさがウリのピン芸人だ。

 代表作のひとつ「最後の瞬間」では、科学の発達によって空を飛べるようになった男が屋上から空に飛び立とうとするところにスナイパー父子がやってくるところからスタートする。飛び降り自殺をするなら練習台に撃たせてくれと言うスナイパーに、自殺ではなく空を飛ぶのだとやりとりするストーリーのひとりコント。別のネタ「海の恩恵」ではサンゴを養殖し海を浄化している男のもとに半魚人が2人お礼に来る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る