井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

<61>「仁義なき戦い 自衛隊対北朝鮮死闘篇」の現実味

公開日: 更新日:

「北朝鮮がまたミサイルを3発続けて発射した。いずれも約1000キロ飛び、北海道の奥尻島の西250キロの日本海上に落下。その辺はいわゆる排他的経済水域内で、船舶などの被害は確認されていない」とキナ臭いニュース。北朝鮮は強気だ。

 ちょうど中国にいたG2…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る